入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効です。
  • 健全な歯を削らずに補うことができます。(削る代わりにバネで固定する場合もあります。)
  • 取り外しができるので手入れが簡単です。
  • 保険が適応されます。(保険外の場合もあります。)

デメリット

  • バネによる隣の歯への負担が大きくなります。
  • 咬む力が健康な状態に比べて30%~40%くらいになります。
  • 取り外して手入れをする必要があります。
  • 口の中で動きやすく、痛みが伴うことがあります。
  • 食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすいです。
  • 発音しにくい場合があります。
  • 違和感があります。
  • 取り外して手入れをする必要があります。

ハミールの入れ歯の種類

保険治療

部分入れ歯

金属のフックとプラスチックの歯、歯茎を使用した一般的な部分入れ歯です。3割負担で5,000円~10,000円程度で作ることができますが、噛む力は弱いため硬い物や粘着性のあるものを食べると動いてしまうことがあります。

入れ歯を支えるフックを残っている歯に引っかけて使うので、見た目が悪くなるといったデメリットがありますが、コスト面では一番安いというメリットがあります。

総入れ歯

プラスチックの総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがありますが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。

3割負担で10,000円~20,000円程度で作ることが可能です。

ハミールの入れ歯の種類

自費治療

ノンクラスプデンチャー

2年間保証
1~3歯 98,000円
4~7歯 130,000円
8~13歯 162,000円

  • 金属の代わりに樹脂製の義歯床で義歯を支える
  • 金属製の金具がみえず、審美性が優れる
  • 歯肉に色調と同化する
  • 入れ歯を薄く出来るため、違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配が無い

マグフィット(磁石式義歯)

2年間保証
1組 49,800円

  • 金属のバネがなく、審美性に優れる
  • 装着や取り外しが簡単、お手入れがしやすい
  • ピッタリ固定が可能
  • 歯に無理な力がかからず長持ちする
  • MRIやペースメーカー状況により利用できない

チタン金属床

5年間保証
430,000円~

■追加オプション
陶歯 + 100,000円
メタルティース + 100,000円

  • チタンは非常に軽く安全性が高い金属
  • 適合精度が高く、フィット感がある
  • 生体親和性が高く、身体に優しい
  • 熱が伝わりやすく、食べ物の味わいが増す
  • 金属アレルギーの心配が無い
  • 腐食に強い

コバルトクロム金属床

5年間保証
330,000円~

■追加オプション
陶歯 + 100,000円
メタルティース + 100,000円

  • 入れ歯の材料として長年愛用された金属
  • 保険入歯より薄く軽く出来る
  • 違和感や話しづらさを軽減できる
  • 熱が伝わりやすく、食べ物の味わいが増す
  • 金属アレルギーの心配がある

入れ歯が出来るまでの流れ

Step 1.印象採得

歯型を取ります

Step 2.咬合採得

入れ歯の大きさや上下前後の位置関係、合わせ具合を確認します

Step 3. 試適

上記2つの工程で得られた情報から仮の入れ歯を作り、患者さんのお口に合わせます。大きさや噛み合わせ、口元の顔の感じなど総合的に確認し、必要に応じて修正を行ないます

Step 4. 完成

試適の際に合わせた物をもとにして、入れ歯を完成させます