小児歯科では歯が生え始めてから永久歯が揃うまでの、口腔内の治療や予防を行います。

乳歯は永久歯に比べてとても柔らかく、虫歯になりやすいです。そして「進行が速い」ことが特徴です。
乳歯の時期は、間食や甘い飲み物の与え方や歯磨き方法などに問題があると、虫歯になりやすいので、お母様お父様にも虫歯予防に関心を持っていただきたいです。
そのため当院では虫歯の治療だけでなく歯磨き指導、食事指導やフッ素塗布も行なっています。なお、お子様の歯の発育に関する健康相談にも応じております。

乳歯の頃からしっかり治療

「乳歯は生え変わるし、治療しなくてもいいのでは?」とお考えの方もいるかもしれません。
ですが乳歯の虫歯を放っておくと次のような悪影響が考えられます。

その1
偏食になりやすい

虫歯により、噛む時に痛みを感じたり、噛みにくくなったりすると、固い食べ物を避けるようになるなど偏食になりやすくなります。

その2
虫歯のリスクが高まる

虫歯を放置すると口の中で細菌が増え続けてしまいます。そのため他の健全な歯が虫歯になるリスクが高くなってしまいます。

その3
永久歯に悪影響を与える

乳歯のむし歯が進行すると奥で発育している永久歯が変色したり、凹みのある永久歯になってしまいます(形成不全)

その4
歯並びを悪くしてしまう

虫歯になって乳歯を失い隣の歯が傾いてしまうと、永久歯が生えてくるのに十分なスペースがなくなって歯並びが悪くなってしまいます。

その5
顎が十分に発達しない

虫歯になりうまく咬めなくなることは、顎の発達にも悪影響を及ぼします。咀嚼回数の減少により噛む力の発育・顎の発達を妨げます。

このようなことが起きないように乳歯の頃からしっかり歯科治療を行いましょう。
永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせが整い、健全な食生活が送れるようになります。

小児の虫歯予防

虫歯を予防する処置には次のようなものがあります。

フッ素塗布

フッ素は歯の質を強くし,虫歯に対する抵抗力を高めます。特に乳歯や生え変わったばかりの永久歯に効果的です。子供のうちからフッ素を活用することで、より高い虫歯予防効果が得られます。また、軽度虫歯の原因部分の修復を促し、進行を防いでくれます。歯科医院で使うフッ素ペーストやジェルは歯磨き粉よりも高濃度なので、虫歯予防効果が高いです。

歯磨き指導

乳歯から永久歯へと生え変わる時期は歯並びが悪くブラッシングがしにくい時期です。お子さん自身ができるだけ正しい磨き方を身につけることも非常に大切です。年齢に応じて指導を行いますが、小さなお子さんの場合、一人では十分に磨けない部分もありますので、必ず仕上げ磨きをしてあげてください。歯磨きの仕方が不安な場合はご相談ください。

シーラント

奥歯の溝はたべかすが詰まりやすく、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が届かず毎日歯磨きしていても虫歯になってしまうことがあります。そのため奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞いで虫歯から歯を守ります。

食事指導

おやつの食べ方、ジュースなどの砂糖の入った飲み物の取り方なども虫歯のできやすさに大きく関わっています。虫歯になりにくくする食事の取り方をアドバイスします。

虫歯になってしまったら

特に小さな子供であれば、上手に痛みを伝えることが難しいです。それにより気づいた時には神経にまで達しているなど、重症化するケースも少なくありません。
できてしまったら虫歯が小さいうちに治すことが非常に大切です。虫歯の早期発見のため、幼稚園や学校での集団検診だけでなく、 半年に一度は歯科医院で検診を受けて頂くことをお勧め致します。